伝統行事

 

夏季休業も終わり、8/17(火)より通常業務が始まりました。

皆さま改めまして、よろしくお願いいたします。

 

 

このお休みに京都へ行って来ました。

 

 

目的は京都四大行事・京都五山の送り火(大文字焼き)です。

 

 

恥ずかしながら五山の送り火について

”山が大の字に焼かれる”位しか知らず

初めて知ることばかり。(実際は山の木を燃やしているワケではないです)

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

簡単にご説明しますと、現在「京都五山送り火」は「五山」と呼ばれていることからわかるように、五つのエリアで行われています。

 

「大文字」「妙・法」「船形」「左大文字」「鳥居形」

正確には点火される山は6山なのですが「妙」と「法」は一対であると考えられているため、「五山」と呼ばれています。

 

五山で炎が上がり、お精霊(しょらい)さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされるそうです。

 

毎年8月16日 20時〜5分刻みに一山ずつ点火されていきます。

 

 

ご存知の方も多いと思いますが・・・

今年は土砂降りの中で行われ、一部しか見ることが出来ませんでした。。

 

予定通り行けばホテルの屋上から見ることが出来たんです苦笑

 

何でも送り火の日が豪雨なのは23年降りとか。

 

 

そんな悪天候の中でも

 

 

伝統を守る人々。

 

 

その伝統を見守る人々。

 

 

 

とっても感動的でした。

 

 

次回は是非しっかり見届けたいですね。

 

 

 

それにしても京都、暑かった・・・・・・・。


ライン
コメント
コメントする