2年分インクつきプリンタ発売


エプソンが従来のインクカートリッジではなく、
充填式のインクタンクを搭載したインクジェットプリンタを発表しました。

◆各仕様は下記にてご確認ください。
A4カラー複合機『EW-M660FT
A4モノクロ複合機『
PX-M160T
A4モノクロプリンター『
PX-S160T


2年分のインクが同梱されており、文字通り2年間消耗品の追加購入の必要がありません!!
と言うことは、交換する手間も掛からない。

A4カラー印刷が1枚あたり0.8円、A4モノクロ印刷が1枚あたり0.3円。
コストは従来インクジェットプリンタと比べて10分の1以下です。

沢山刷ればそれなりにインクも減りますが、、
インク追加購入後においても圧倒的な低ランニングコストで、経費削減にも繋がりますね。


あれ、これはもしや・・・

2年に一度だからと言って詰替えのインクがすごく高いのでは…?

と思っていましたが




ところがドッコイ!!


ブラックで2,000円前後、
マゼンタ・イエロー・シアンの各色も1,000円前後とお手頃価格。

しかもモノクロプリンタはデスクの上にも載せることが出来るコンパクトサイズです。

プリンタを買い替える初期投資はあるものの
長い目で見るとかなりコストにも差が付くのではないかなと思いました。

発売日は2月4日。


ここで余談。
各プリンタのメーカーはプリンタ本体だけでなく、インクカートリッジの販売によって収益を得るビジネスモデルが主流だと思うのですが…

なぜエプソンはインクで儲けなくなったのか。
少し前の記事になりますが興味深いものがありましたのでご紹介します。
興味を持たれた方はこちらへ



※2年分は『EW-M660FT』はA4カラー文書、『PX-M160T/S160T』はA4モノクロ文書をひと月あたり300ページプリントした場合を想定して算出。(メーカーページより参照)

ライン
コメント
>なぜエプソンはインクで儲けなくなったのか

ここまで掘り下げてあるのがいいね!

興味深く読ませてもらいました^^

へぇ〜!ってなった
  • T2
  • 2016/01/14 7:43 PM
>T2さんコメントありがとうございます!

メーカーさんの試行錯誤が伝わってきますよね。
相手の目線に立って考えると言うことは、どの分野においても当てはまる気がします。
相手を想う気持ち、大切にしていきたいですね。
コメントする